ピースボートクルーズ実際の様子!寄港地編③ミャンマー・ヤンゴン

ピースボートでは初寄港となるミャンマーのヤンゴン。

私が乗船した95回クルーズでは3つ目の寄港地でした。

ミャンマーは正直お客様からの期待値もそんなに高くない国でしたが、
船に帰ってこられる頃にはみなさま笑顔で楽しそうな顔をしていました。

前回のシンガポールの映像から時間が経ってしまいましたが・・・

映像を制作しましたのでご覧いただければと思います。

いかがでしょうか?

寝大仏やパゴダはお祈りをする場所ですので、
入場の際には素足になる必要があります。

ウェットティッシュは必須です!

ヤンゴンでは自由行動で回ったのですが、
入港した港がヤンゴン市街地から離れていたので、
無料のシャトルバスを利用することができました。

一応帰りのシャトルバスもあるのですが、
出発の時間が17時頃で早い時間だったのが少し残念ですね。

パゴダの見所は、映像の中でもあるように夜のライトアップですので、
その時間まで残っていると船までタクシーで帰ることになります。

現地でタクシーに乗ることも旅の醍醐味なのでいいんですけどね(^ ^)

今後も訪れる寄港地だと思いますので、
より詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。