ピースボートは政治色があるのか?

インターネットではピースボートは政治に
偏ったような記事が沢山見受けられます。

⚓ピースボートの発端

政治と関係があるように見られるのは、ピースボートの創設メンバーに
現在は立憲民主党に所属している「辻元清美」議員が入っているからだと思います。

私はまだ生まれてませんが、1982年頃に起きた教科書問題に触発されて、
当時の早大生数名とピースボートを立ち上げたそうです。

そして、そういった影響からか、ピースボートでは
政治的な印象があったり、洗脳される!などの噂が立ったりしています。

確かに、知らない方から見たら、とっても怪しい団体です。笑

そして、事実として、船の中の講座で、政治問題などは扱っています。

私が乗船した95回クルーズも、船内選挙という企画が行われていました。
(日本ではちょうど選挙が行われていた時期です)

講座でも、詳細は忘れてしまいましたが、何かしらの講義があったと思います。

⚓船内の企画や講義

これらは全て強制参加ではありません
というかピースボートには強制参加のものはほとんどありません。

パスポートや入出国関連のものだけです。

講義に参加しなくても誰にも何も言われないし、
参加していても寝てる方が沢山います。笑

※もちろん真面目に聞いている方も沢山いますよ!

そもそも、お金を払って乗船している方に、
法律関係以外のものを強制させたら、大問題になります。

しかし、世の中にそう言ったニュースは出ていません。

つまり、何か強制的にやらされると心配している方は
「何も心配しなくてもいい」
ということです。

⚓洗脳されるという噂

洗脳される、洗脳があるという話も、
そもそも洗脳するだけの能力があるならもっと経済的に発展して、
今頃もっと大きな船を持ってると思います。

彼らにそんな能力はありません!笑

ピースボートスタッフに批判的で、

「彼らは無能だ!」

と言っているのに、若者を洗脳しているといっているようなブログもありますが、
無能な方にそんな高度なことはできないと思います。
書いていることが矛盾しているんです。

あ、バカにしているわけではないですよ。
(ピースボートのスタッフは過去にクルーズに参加した方であれば、
基本的には誰でもなれるので、かなりの能力差があります。)

⚓自分の旅は自分で作る

結論から言うと、政治色は全くないとはいえません。

が、それは自分で参加するかどうかを選ぶことができます。

私が仕事で乗船した95回クルーズには、講座などには全く参加せずに
サルサダンスや太鼓など、アクティビティばかりやっていた参加者もいます。
(とっても楽しそうでした。羨ましい・・・)

何を選んで、どういう過ごし方をするのかは自分で決めることができます。

ご自身の旅ですから、自分の意思で旅を作っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。