ピースボートでのトラブル!過去に起きた問題とは?

旅にはトラブルがつきものです。
世界一周などの長期の旅ではよりトラブルが起きる機会が増えます。

では、過去に一体どんなトラブルが起きたのか?

⚓漂流

第75回クルーズではエンジンが停止し、
船が数日間漂流したトラブルが起きています。

私はその当時はピースボートのことは全く知らなかったのですが、
対応があまりよろしくないようですね。

ピースボートのクルーズは3社(ピースボート、旅行会社、船会社)
で運営されているのですが、どれも責任のなすりつけあいで大変だったようです。

ただ、その後からはそういった漂流などのトラブルは起きていません。

というのも、75回クルーズの月のクルーズ、
76回クルーズからは船が変わっています。

75回クルーズはオセアニック号と呼ばれる船で運航をしていたのですが、
76回クルーズから現在まではオーシャンドリーム号という船を使っています。

⚓水回りのトラブル

これは私も経験したことです。

船の各船室にはシャワールームとトイレが付いています。
いわゆるユニットバスのようなものです。

揺れが小さい時は普通に使えるのですが、
揺れが強い時はなんと水が逆流してきます。
(いつもではありません。100日の中で2〜3回ありました)

気づいたらお風呂の中がびしゃびしゃになっているわけです。

これ結構嫌ですよね。
もちろんこれはレセプション(フロント)に電話をしたら対応してもらえます。

⚓雨漏り

船の上で雨漏りするなんて、乗船するまでは想像もしていなかったですが、
ピースボートではこれが起きてしまいました。

海の上はできるだけ悪天候のところは避けていたりするのですが、
進行ルートや日程の関係でどうしても避けられない場合もあります。

その場合は雨の中を通って行くのですが、
その時に雨漏りが発生することがあります。

この場合は、近くのスタッフを呼んで、バケツをとりあえず置いておいて、
レセプションからクルーに連絡をしてもらいます。

この連絡ルートがあるので少しだけ対応が遅れますが、後々雨漏りは止まります。

⚓落し物トラブル

結論から言うと、
船の中で落し物をしたら、ほとんどの場合は帰ってきません。

特に携帯電話を落とした場合。

基本的には落し物をしたら、レセプションに届けるのが、
ルールとなっているのですが、

多くの場合は届かずにそのままクルーズが終わってしまいます。

私も2回ほどタンブラーをなくしました。

シンガポールで買ったスターバックスのタンブラー。
お気に入りだったのに・・・

はい。

これに関しては色々な噂がありますが一つ確実に言えることがあるとすれば、
船に乗っている方はいい人ばかりではないと言うことです。

普通に考えて、全員がルールを守っているなら、
自分の落し物はレセプションに届くはずです。

しかし、届いていないと言うことは、
そのまま持って行かれている可能性が高いです。

しかも、受付のジャパングレイスの方に防犯カメラを見せてほしいと頼んでも、
全く対応はしてくれません。

なんのための防犯カメラなのか。

見せられない理由をちゃんと伝えてくれればいいのですが、
なんの説明もなく、断固拒否はお客様にとってはスッキリしないです。

とにかく船の上では落し物、忘れ物はしないようにしましょう。
あと、名前は書いておくように!これ大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。