世界一周は退職しないと無理?

世界一周はいろんな方の憧れで、
周りには言っていなくても密かに計画を立てている方もいるかもしれません。

しかし、一番のネックになるのが、
仕事についてです。

帰国後の生活を不安に感じると思います。

⚓世界一周は長期間の旅行

当然ですが、約4万キロメートルの長旅です。

移動方法にもよりますが、
かなり時間がかかることになります。

かと言って、訪れる国を減らしても
ご自身の思い描いている世界一周とは少し違うと思います。

ピースボートですら、100日間という時間がかかるのに、
個人でしっかりと世界を見ようと思ったら1年くらいはかかるでしょう。

⚓基本的には退職が必要になる

今の日本の社会では1年も休ませてもらえる会社はないでしょう。
それどころか1ヶ月ですらほとんどの会社が休みを取れないと思います。

そんな中で、世界一周をするならどうしても退職をする必要が出てくるとは思います。

・・・がしかし、ピースボートの乗船者には
休職をして乗船をしている若者もいます。

私は現にそういった方を数名知っています。

⚓まずは相談をしてみること

休職をさせてもらえる会社は確かに少ないかもしれません。
ですが、相談をする前から諦めては何も進みません。

まずは会社内の信頼できる上司や同僚の方に、
それとなく聞いてみるのもいいかもしれません。

自分の世界一周への思いをちゃんと話せば、
理解が得られるかもしれません。

まずはコミュニケーションをとることが、物事を前進させる第一歩になると思います。

⚓もし休めなくても

それはそれで大丈夫だと思います。

世界一周してホームレスになった方は見たことがありません。
大多数の方は帰国後すぐに正社員の職を見つけています。

どうやら会社から見ても、退職して世界一周というのはマイナスには映らないようです。
(もちろん会社や人事の人にもよります)

その経験が先につながることさえアピールできれば、
キャリアアップにもつながるかもしれません。

どう活かすかは自分次第。
思い切っていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。