ピースボートの寄港地の楽しみ方!観光以外のツアー

ピースボートには寄港地を観光する際に、
2種類の方法があります。

 

一つは自由行動。
これは説明するまでもないかと思います。
自分で自由に観光をする方法です。

注意点としては、
船には帰船リミットという門限のようなものがあります。

自由行動で遠くに行きすぎるとかえってこれなくなり、
最悪その国においていかれます。

 

もう一つはオプショナルツアーです。

こちらも言葉だけでいうと単純ですが、
ピースボートのツアーにはいくつかの種類のツアーがあります。

 

1.観光ツアー

こちらは詳しく説明をしなくても理解していただけるかと思います。
その国や港での世界遺産や有名な場所をツアーとして観光するものです。

こちらは年配の方がツアーを申し込む場合が非常に多いです。
もちろん若い方も申し込んだりはしますが、
そういう場合は遠すぎて個人で行くのは難しかったりするような場所です。

 

2.交流ツアー

こちらはピースボートならではのツアーだと思います。

ピースボートの国際NGOという立場によってできたつながりなどを使って、
現地の学生や孤児院、先住民族と交流を行うツアーです。

よくあるパターンは
・その国の文化や伝統的な踊りをみる
・日本の歌を歌う
・習字や折り紙を一緒に行う
などなどです。

こちらは国際交流を目的としてピースボートに参加する若者が参加する場合が
多いという印象を持っています。

 

3.見聞ツアー

こちらはいわゆるお勉強のツアーです。
貧困や環境問題などを現地の問題を、題材というと悪い言い方かもしれませんが、
それを元に学んで行くツアーです。

こちらは世界一周を通して、何かを学びたいという若者がほとんどのツアーです。

上記のような問題に興味関心がある、いわゆる意識高い系の若者が多いのも
ピースボートの特徴です。

 

4.検証ツアー

こちらは見聞コースのより深いバージョンのようなものです。
現地の貧困や戦争の歴史を専門家から学んで行くようなツアーです。

こちらも上記と同様にピースボートで何かを学びたいと考えている若者が
参加される場合が多いです。

 

 

というわけでいかがでしたでしょうか?

 

ピースボートでは普通の旅行では行けないような場所にツアーで訪れることができる
というのがとても大きな魅力だと思っています。

 

普通では行けないところ、普通では学べないことを
その身で体感してみたいという方へのツアーがたくさん組まれています。

 

ピースボートクルーズ実際の様子!寄港地編その1中国・厦門

先日からピースボート95回クルーズの実際の映像をお見せしています。

先日までは出航の様子をお届けしていましたが、
本日からはいよいよ寄港地の様子です。

今回はピースボート95回クルーズ初の寄港地でもある
中国・厦門
の映像を製作しました。

 

 

厦門の映像は港に着いてから自由行動をして
観光をした様子です。

 

あ、解説が遅れましたが、
ピースボートのツアーには

・自由行動

・オプショナルツアー

の2種類から観光方法を選ぶことができます。

 

自由行動は文字どおり、自己責任の元自分たちで自由に観光をすることです。

オプショナルツアーはピースボートと旅行会社であるジャパングレイスが
企画したツアーに申し込んで現地を見て回るものです。

オプショナルツアーに関しては別の記事で解説をしますので、
そちらを参照していただければと思います。

 

それでは次回は、世界3第がっかりで有名なあれがある、
シンガポールの映像をお届けしたい!

 

のですが、

 

 

私、シンガポールで船の中に待機しての仕事があって、
港周辺の撮影にしか行けていないのです。

 

つまり、マリーナベイサンズも、ガーデンズバイザベイも、
マーライオンも見れておりません!

 

ですが、雰囲気だけでもお伝えしたいので、
頑張って動画作ろうと思います。

 

 

ピースボートの実際の様子②〜神戸出航の様子〜

先日お伝えした通り、
本日はピースボート第95回クルーズの神戸での出航式の様子を
映像にしましたのでお見せしようと思います。

 

 

先日ブログにも乗せました横浜出航の様子とほとんど同じなので、

神戸は短めに作って見ました。

 

神戸での出航は乗船者の数が横浜に比べて少ないですが、
それでもやはり大規模な航海の出発には多くの方がお見送りにきてくれます。

ここから日本を離れ、いよいよ世界一周のスタートです。

 

次回は一つ目の寄港地、
中国・厦門の映像をお届けします。

ピースボートから帰国!実際の寄港地の様子をアップしていきます。

先日ピースボートの95回クルーズから帰国しました。

映像担当として乗船した今回のクルーズは

お客として乗船した時とはまた違う景色が見れたかと思います。

 

今後はこちらに自分で撮影した映像を編集してアップしていこうと
思っていますのでそちらもお楽しみに!

 

本当は船内のイベントなどの様子もアップできればいいんですが、
顔出しNGな方もいらっしゃるので、ちょっと後回しにします。

 

まだまだ映像の編集は全く進んでおりませんが・・・笑

これから少しずつアップしていくので何かの参考になれば幸いです。

 

 

ピースボート第95回クルーズについて!オーロラクルーズの概要

3年ぶりに乗船することになった

ピースボートの世界一周クルーズ。

 

今回は第95回クルーズに乗船ということで、

航路に関することをお伝えしていきます。

 

 

こちらが95回クルーズの航路です。

まず、アジア圏から進んでいきます。

シンガポールではダイソーもあるので船旅に必要なものが足りなかった場合、こちらで買い揃えます。

続いてヨーロッパへと入ります。

スリが多いことで有名ですので注意が必要です。建物はおしゃれなものが多く、スリ以外は安全なのでデートには良いかと思います。

 

続いてアイスランドへ。

1番の注目はなんといってもオーロラでしょう。

今回は4日間もチャンスがあるので、おそらくどこがで見らことができるのではと思います。

世界最大の露天風呂、ブルーラグーンも見ものですね。

 

続いて、ニューヨークからキューバに向かいます。

これは知っている人は知っているかと思いますが、

以前はアメリカとキューバは国交を断絶していたので、同時に訪れることができませんでした。

しかし、現在は国交断絶もなくなり、同時に寄港できるようになりました。

政治的な部分に関心のある方は少しワクワクするかもしれません。

 

そのままパナマ運河を通行します。

こちらは船旅が好きな方にとっては、

とても興味関心の高い場所だそうです。

水位を調整することによって、船を前に進めています。

 

 

その後、ハワイに行ってから日本に帰国をするという流れです。

ハワイは日本人が多く、敬遠されている方もいらっしゃるかと思いますが、それはもったいないです。

やはり、人気の場所には理由があります。

是非一度訪れて見てください。

海の綺麗さや、空気感、食事の美味しさなど、とても良い思い出がたくさんできると思います。

 

以上が95回クルーズの航路の概要です。

より詳細を知りたい方は問い合わせて見てください。

 

 

ピースボートへの乗船が決定!95回クルーズに行ってきます

私事ではございますが、

このたび第95回ピースボート地球一周の船旅に
映像のスタッフとして乗船が決定いたしました!

期間は8月13日から11月24日までです。

さて、ここで世界一周に行くまでに
何をしておくとよいのかを書いていこうと思います。

・引っ越しの準備
…家賃を払うのはもったいなさすぎるので、家を引き払おうと思います。
大きな荷物は実家に送る、もしくは処分をします。

・携帯電話に関して
…私は休止をしようと思います。
解約もいいですが、帰ってきてからの手続きが面倒なので、
電話番号をそのまま残しておいて、機能を停止するサービスを使おうと思います。

・ある程度の身辺整理
…今やっている仕事の退職手続き、家族、友人への報告。
旅立っても迷惑のかからないようにしておきます。

・必要物の準備
…旅で必要になるものの買い出しなどなどを行います。

・VISAの準備
…基本的にはピースボート側で準備をしてくれるのですが、
一部の国に関しては自分で申請をしないといけません。
今回ではアメリカのESTAという短期滞在ビザのようなものです。
これはもう済ませたので特に何もありません。

・・・書き出してみると思ったよりやることなかったです…笑

あなたにも参考になれば幸いです。

 

 

ピースボートの船内の実態を紹介?!船内企画について。

ピースボートの中では実際にはどのようなことが行われているのか?

今回は船内企画にフォーカスしてご紹介します。

 

船内企画の種類

ピースボートの船内企画には主に2種類あります。

 

1.ピースボート側が行う公式の企画

こちらは大きな企画から、水先案内人の講座、カルチャースクールなどの習い事系があります。

公式の企画が船内の企画の半分を占めております。

こちらは船内で行われたバーベキューです。
※有料です

こういったことも企画されています。

こちらは夏祭りの時の集合写真です。
※一応顔は隠しています。手書きなので下手ですがお気になさらず…

夏祭りや運動会などはピースボート側の主催ですが、

実際に中身を作っていくのは参加者が実行委員として集まって作っていきます。

 

公式の企画でのメリットは、
・知らない人と仲良くなる
・船内での暇な時間が少なくなる
・船を下りても続けていける趣味と人脈ができる
・プロから教えてもらえる
etc…

デメリットは
・数が多く、どれも参加していると何も見につかない
・たまにいる変な人に絡まれる可能性あり
etc…

などなどですね。

ちなみにカルチャースクールは社交ダンスや水彩画、
ヨガなどがメインで行われています。

シニア層の方が多く、若者は少ない傾向にあります。

 

2.参加者が行う自主企画

こちらはお客様が自分で企画申請を出して、参加者を集めて行う企画です。

海に向かって叫ぶなどの特に意味のない企画や、しゃべり場、ピースボートでは用意されていないギターなどを教えたり、教えてもらったりも企画で行うことができます。

こちらは23歳集まれという自主企画です。12人くらい集まりました。

自主企画のメリットとしては
・自分の好きな企画を作れる
・達成感を味わえる(立てた企画の規模にもよります)
・自分がやりたかったことを実現できる
・自分の出会いたい人と出会える可能性が高い(出身や年齢、特技で人を集められる)
etc…

デメリットは
・参加者が0の場合もある
・自分で集客のようなものが必要になる
・大規模な自主企画は申請が大変
etc…

自主企画は年齢、性別など関係なく参加者の全員が企画を立てる権利を持っています。
もちろん企画によって参加される方の年齢層は様々です。

私が乗ったときは50代の方がブレイクダンスの自主企画を立てていました。

 

特技が作れる船旅

船内ではいろいろな企画が行われていますが、
一つのことを継続して行っていくことで自分の特技を身に着けることもできます。

 

水彩画やダンス、ギター、本を持ち込んで資格の勉強もできます。
企画で人を集めれば教えてくれる方もいるかもしれません。

 

100日も時間があるので、しっかりと継続して行えば
それなりにできるようにはなると思います。

 

せっかくの船旅、旅行だけでなくプラスアルファで
日本に持ち帰れるものを作りたいですね。

 

ビジネスにおすすめのメルマガ!

今回はピースボートとは直接関係ないのですが、

私が勉強に使っているメルマガをご紹介しようと思います。

 

未来の世代を育てるメルマガ

このメルマガを発行しているのは、

以前にネットビジネスで1か月に2000万円をメルマガのみで売り上げた、
ハンドルネーム、みんてぃあさんです。

しばらくクローズドでビジネスをされていらしたそうですが、
今回新しい世代を育てていきたいとのことで、
また募集を再開されました。

ビジネスの本質を伝える

メルマガでは、CMを使ったコピーライティングの解説、
個人として情報を発信していくうえで大切なことなど、

ビジネスに必要な情報が提供されています。

 

ビジネスを始める方は情報の不足などで何から始めていいのかわからなくなったり、

情報を得てもどんなやり方がいいのかわからなくなったりします。

こういったもので情報を得ることで、一つの道を得ることができます。

 

これからの時代を作る世代へ

 

こちらのメルマガは特に若い人に向けたようになっています。

先輩方が作ってきたものからたくさんの学びを得て、
そのうえでよりよいものを作っていけるのは10代20代の若者です。

今回こちらを紹介しようと思ったのは、
より多くの人がしっかりとお金と信頼を得ながら、
自分の理想を実現していけるようになってほしいと思ったからです。

私もとてもためになっているので、
ぜひ活用していただければと思います。

 

Hello new world!!

 

 

このサイトはピースボートをメインとした、
海外の情報サイトです。

ピースボートだけでなく、留学やワーキングホリデーに関しても自分の体験をもとに情報を書いていこうと思います。

 

実は以前にもピースボートの情報ブログを作っていたのですが、規模感をあげたいなという思いと、

ピースボートだけでなく、もっと広い選択肢を選んでいただけるようになればいいと思ってサイトの移転をしました。

 

基本的には自分の体験をメインにしていきます。もし知りたい情報などがあればリクエストをコメントなどで教えていただければ幸いです。

 

自分の体験にない場合は、他のサイトを紹介したり、知り合いから聞いて記事にします!

 

というわけで、これからよろしくお願いします!